脳神経機能回復に関する研究について

福岡大学脳神経外科では、神経内科やリハビリテーション部をはじめとする多職種で連携を持ちつつ様々な疾患の治療を行っています(福岡大学脳神経外科公式ホームページ)。パーキンソン病や本態性振戦をはじめとする運動障害から脳卒中後遺症による麻痺などの機能的障害に対し、積極的に臨床研究を行いながら常に新しい治療法を模索しています。このホームページでは、脳深部刺激療法(Deep Brain Stimulation: DBS)や脊髄刺激療法(Spinal Cord Stimulation: SCS)といった機能的神経外科治療、経頭蓋直流電気刺激療法(Transcranial Direct Current Stimulation: tDCS)、そしてHybrid Assistive Limb(HAL)を用いたロボットリハビリテーションを中心に、私たちの行っている脳神経機能回復を目指した治療や研究について紹介します。

新着情報

2018.10.12
研究業績のページに記事を追記しました。
2018.10.12
トゥレット症候群のページに記事を追記しました。
2018.10.12
お知らせのページに記事を追記しました。
2018.04.04
研究業績のページに記事を追記しました。
2018.04.04
お知らせのページに記事を追記しました。
2018.04.04
痙縮と痙性麻痺のページに記事を追記しました。
2018.04.04
トゥレット症候群のページに記事を追記しました。
2017.12.25
トゥレット症候群のページに記事を掲載しました。
2017.11.16
お知らせのページに記事を追記しました。
2017.09.20
研究業績のページに記事を追記しました。
2017.09.20
振戦のページに記事を掲載しました。
2017.08.30
ジストニアのページに記事を掲載しました。
2017.08.30
脳卒中後遺症のページに記事を掲載しました。
2017.08.25
パーキンソン病のページに記事を追記しました。
2017.08.03
痙縮と痙性麻痺のページに記事を掲載しました。
2017.07.18
脳深部刺激療法のページに記事を追記しました。
2017.06.30
ホームページを新設いたしました。